アンドロメダ銀河と地球の関係

図166  生命誕生のカタチアンドロメダ銀河と地球の関係

アンドロメダ銀河は、地球から約250万光年離れています。光速で250万年だからとてつもない距離があります。渦巻銀河です。地球の渦巻と渦巻銀河の渦巻は同じなのか、違っているものなのか、私は、それらの基本は同じであると思います。ところで、世界の天文学者は、この渦巻の研究をされていないようです。名古屋大学の福井教授の天文学の講座を聞きに行った時に「ひょうたん星雲がNASAから発表されていました。このひょうたん形は二重らせん構造から作られます。したがって、地球の渦巻と宇宙の渦巻は同じ視点で考えられるのでは?」と質問しようとしたら、質問内容が終らないうちに、教授は「ひょうたん星雲なんか知らない」といわれ、後を続けることができませんでした。インターネットで調べると「ひょうたん星雲」の解説は存在していました。

福井教授は「質問のある方」という姿勢をとりながら、なぜ、さきのような言葉を還したのでしょうか。天文学の世界的な研究をされている教授が「ひょうたん星雲」を知らないのは、「おかしい」と思います。故意に「知らない」と言ったとすれば、講座の時「なんでもどんなことでもいいから質問のある方」と呼びかけないでください。私の意見としては、天文学に二重らせん構造の考え方を導入すれば、新しいこれまでにない天文学説を打ち立てることができるのではないかと、それも宇宙誕生、および宇宙の崩壊に関わっているのではと考えております。2016年8月8日午前3時45分記述。筆者:大谷幸市。この文章と同時に掲げる図の著作権は大谷幸市にあります。無断複製および転載は許可を得てください。

コメントは受け付けていません。