「甦る縄文の思想 あきづしま大和の国」中日新聞で紹介


大谷幸市さんの新著
「甦る縄文の思想 あきづしま大和の国」
(彩流社)
が2008年5月31日付け中日新聞(尾張版)で紹介されました。

古い日本の呼称「秋津島」の由来であるトンボの形態との関連まで考察を広げるなど独自の視点で縄文文化の謎に挑み、その成果をまとめたお奨めの書です。

コメントは受け付けていません。