甦る縄文の思想 「あきづしま大和の国」

甦る縄文の思想 「あきづしま大和の国」 古代大和に脈打つ縄文の思想と知恵!
知らざれる日本人の精神的ルーツとアイデンティティを古代史に読み取る。
縄文人が作ったハート形土偶と『日本書紀』が記述する
・「蜻蛉のとなめの如くにあるかな」に秘められた真の意味は?
・日本列島における渦巻き文化とは?
・縄文土器の縄文模様と渦巻き文の関係は?
・渦巻きの再生観はどこから生み出されたか?
・縄文文様と円接正多角形の複合思想とは?
縄文人が育んでいた多様な可能性を秘めていた知恵と思想に迫る。



大谷幸市著
彩流社
A5判並製カバー 278頁 1900円+税

(さらに…)

謎の古代文様 「渦巻きは神であった」

謎の古代文様 渦巻きは神であった ― もくじ ―  
はじめに
1 縄文土器に描かれた謎の文様
2 伏羲・女媧伝承の謎
 人的移動と思想の伝播
 伏羲・女媧図の図形的解釈
 伏羲・女媧伝承をめぐって
 彩陶土器と渦巻文
 多鈕細文鏡と貝輪の謎
3 銅鐸の謎
 銅鐸の眼形の意味すること
 銅鐸と渦巻文
 銅鐸と ○○ 文様
 銅鼓と銅鐸の関係
4 渦巻きは神であった
 渦巻きは神であった
 双頭渦文から四頭渦文へ
 倭鏡渦文化の謎
 鏡に映るS字渦文の秘密
 メビウスの帯と鏡
あとがき

謎の古代図形 「前方後円墳の真相」

謎の古代図形 前方後円墳の真相 ― もくじ ―  
はじめに
1 前方後円墳の謎
 前方後円墳の出現前夜
 前方後円墳の起源
 装飾古墳の謎
 双脚輪状文について
 なぜ靫は装飾古墳に描かれたのか
2 八角墳の謎
 真床追衾とは
 造化三神と生成神
 奇妙な神名 建角身命
 大和三山の聖なる三角形
 八角墳の謎〈弦図と正八角形〉
3 新しい神の創出
 書き直された神話
 大物主神について
 大国主神と大物主神
 サルタヒコの謎
 三種の神器の謎
 新しい神の創出
あとがき

『古事記』に隠された幾何学

-『記・紀』神話の謎を解く。

『古事記』に隠された幾何学 「古事記」と「日本書紀」に周到に織り込まれた〈らせん〉と〈シンメトリー〉。
これらの意味するものは何か。
古代人は天地人融合の構図を地上に現わそうとしたのか。古代人の内的世界を大胆に仮説する。
1992年刊の再刊。


1995年7月
三一書房
ISBN4-380-95262-2
定価2,200円

古代渦巻文の謎

古代渦巻文の謎 渦巻文は古代人の信仰と思想を表しているという説にもとづき、この渦巻き文様の系譜を追うことによって古代史の謎に迫る。
内容は「縄文と渦巻文」「アマテラスは、なぜ石屋戸へ隠れたのか」など。


1995年3月
三一書房
ISBN4-380-95219-3
定価3,400円