縄文の大賢人

縄文の大賢人は、双曲図形/)(形と楕円図形/()形 の意味を知っていました。私たちは小学校から高校までの間に、「円形と正方形が相対関係」におかれていることを学習したでしょうか。私自身はまったく記憶にありません。円形は曲線図形であり、正方形は直線図形ですが、この曲線と直線の違いを使って相対関係を証明することはできません。楕円形や長方形など、いろいろなカタチがあるからです。円形と正方形の相対関係を証明するには、双曲図形/)(形と楕円図形/()形 を援用することが求められます。このことを縄文時代草創期の縄文人は、知っていたと考えられます。()形をもつ土器(豆粒文土器)を今からおよそ12000年前に作っていました。ヨコ並びの眼形()形を描くと、必然的にそのとなりに双曲図形/)(形が存在しています。このような関係から、双曲図形/)(形と楕円図形/()形 は、円形と正方形という新しいカタチを作りだします。つまり、双曲幾何・楕円幾何は、円形と正方形に先行するカタチということができるでしょう。現代の数学者でさえ見逃してきた円形と正方形の相対関係をわが国の縄文時代草創期の縄文人は、気づいていたのです。気づいていたからこそ、豆粒文土器を作ったといえるでしょう。この幾何学は瑣末なことではありません。幾何学の第一ボタンに相当します。それだけの知識をもっていたのですから、「縄文の大賢人」が実在していたという仮説を立てたとしてもおかしくはありません。私自身が縄文の大賢人であり得るわけがありません。円形と正方形は、天地の意味が与えられ、弥生時代後期には円墳・方墳として、歴史の前面に登場してきます。

第15回縄文大爆発セミナー開催のご案内

縄文人は二つ穴のトーラスを知っていたか

縄文人は二つ穴のトーラスを知っていたか?

この問いかけに対し、「狩猟採集」を生活の糧にしていた縄文人が、現代でも高等幾何学といわれるトポロジー(位相幾何学)を知っているわけがないだろう」と一蹴されてしまうことでしょう。縄文人の狩猟採集はおよそ一万年以上行われています。世界において、文明をもったこのような民族は存在しません。ほかの地域で農耕が始まっても、縄文人は狩猟採集を止めませんでした。この問題に対し、疑問を投げかける考古学者がおります。

私もその一人です。縄文人は狩猟採集を捨てきれない考え方(理論)をもっていたと考えられます。青森県の青森県三内丸山遺跡では、栗の木を栽培して痕跡が発見されています。話は少し飛躍しますが、わが国の古代人は、現在私たちが神社と呼び、子供の誕生を願ったり、生れたときには神社へ御参りします。七五三などもお寺へお参りする人はおりません。必ず神社へ行きます。この神社は「杜」といわれ、高い樹木が茂っている意味があります。神道は、戒律や経典類はありません。2礼2拍手をすれば、何でも許してくれるという言い伝えがあるくらいです。

神社が背の高い樹木に重大な関心を寄せていることは否定できません。確かに、たとえば、イチョウの木は私たち人類に比べれば、太古から生存しています。樹木の葉や花、木の実は、柿のタネと同様に()形をもっています。つづく

第14回縄文大爆発セミナー開催のご案内

第13回縄文大爆発セミナー開催のご案内

第13回縄文大爆発セミナーを開催します。今回は、『日本書紀、古事記、万葉集の意味?』です。会場:名古屋市短歌会館(3階・第3集会室)日時:2016年4月10日(日)10:00~12:00会費:1,000円講師:大谷幸市(古代史研究家)